mahoutukaikunのブログ

カルマの法則、カルマタロットを日々研究中のみかんです。 何気ないある日だったり、感じたことだったりを、気ままに更新できたらと思っています。 日常の呟きの中で、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

老舗デパート 6

カルマタロットについて、もう少し掘りさげて、別の角度から入ってみたいと思う。


あなたが名門サッカークラブのコーチだったとする。。
ある日、入団テストがあり、あなたから見ても目を引く数人がいて、順当に合格した。
もちろん、不合格だった選手もいる。
その中で、コーチであるあなたから見ても、なぜ合格したのか理解できない選手Aがいた。
ヘタクソというわけではないけれど、、特別何か秀でている様子もない。
しかも、その選手Aは監督が指名して、入団テストを受けにきたらしい。。

スタートしてみたら、他の選手に比べて、これといって得意なものがない。。
その上、足の使い方が妙なため?足もさほど速くなく、ドリブルが不得意という弱点も持っている。

コーチのあなたは、
『あの足の癖を直して、ドリブルを上達さすにはどうしたら良いか?』
と考える。
しかし、名門クラブだからこそ、通常、厳しく指導することで知られているチームの監督から、
『あれはあのままでよい。でも、ボールの扱い方や、基礎的なことはしっかり教えてやってくれ。』
と、あなたからすると耳を疑うような指示を受けた。

腑に落ちないまま、とりあえずは他の選手と一緒に指導を何年か続けることになる。

名門チームの練習プログラムは完成されていて、継続して積み重ねているうちに、基礎体力的なものはきっちり作り上げられる。


やがて5年が過ぎ、監督が、その年で最も大事な試合に例のドリブルが苦手な選手Aを、スタメンで出場させると決定し、
試合前のその選手Aに
『レギュラーを自分で勝ち取ってみろ。ずっとベンチでくやしくないのか?』
と送りだした。

試合が始まってから、想像通り?選手Aの動きがずっともたついている。
一年で最も大事な試合なのだから、なんとしても勝たなければいけないのに、、、。
コーチのあなたは、いてもたってもいられず、選手の交替を考えるが、監督は、黙って見守っている。(しかし、いつになく緊張感がある。)

試合は1対0で相手チームに先制を許したまま進む。
そして、試合終了の3分前、選手Aにボールが渡る。
相手チームが、ここぞとばかりに、ボールを奪いにくる。選手Aの走るスピートがあまり早くないことを相手チームも知っていたのかもしれない。。
奪われたらダメだしの一点追加で、敗けが決定的になる。

コーチのあなたは、試合終了手前で諦めそうになる。

その時だった!選手Aの動きが変わった。

あなたは、その試合会場で、
入団以来、ドリブルが不得意(だとあなたが思っていた)選手Aが、見たことのない変則ドリブルで、あなたの前を走り抜け、
ゴール前では、相手のディフェンスからタイミングをずらせた見事なスルーパスをし、
パスを受けた味方選手が同点ゴールを決めるまでを
呆気に取られながら、眺めた。


あの妙(だと思っていた)足の動きは、この見たことのないドリブルや、タイミングの掴めないパスの源だったことを、あなたは、気づいた。。。
どんなに足が速くても、あの動きには追い付けないし、、変則なため、誰もタイミングを予測できないため、見事なスルーパスも可能になる。

そして、選手Aにとって、悔しさや惨めさで逃げ出したいけれど、、逃げれる状況ではなく、まさにギリギリの状況に追い込まれたことが、才能(能力)を自分のものにできるきっかけとなったのかもしれない。
(映画や漫画で、追い込まれて最悪な?状況で、スーパーなんとかに変身したりする、あの仕組みに近い)

さて、、、例え話がヘタクソで申し訳ないけれど、、
この話の中で、最もすごいのは、監督ということには気づいていただけただろうか?

コーチのあなたから見て、妙な足の動きをする癖を矯正させるべき!と思っていた、その弱点こそ、その選手Aのエメラルドであることを、監督は何年も前から見抜いていたことになる。

選手Aは、才能はあったかもしれないけれど、もしかしたら、一生、能力が開花されずに終わっていた可能性もある。

監督に出会ったことが、なにより幸運だった(と私は考える。)

通常、簡単には真似できない変則ドリブルや、パスをギリギリの場面で、ついに自分のものにした選手Aにとっての、入団テストの指名時からの監督という存在が、誰にでもいてくれたらいいのに。(と思う。)

しかし、上記のような監督が、日常茶飯事に近くにいて、自分を何年も見守ってくれていることはなかなかない。。

また、コーチにとっても、監督との出会い、この選手Aとの出会いは、今後の自分の前提を変える大きなきっかけに違いないけれど、、これもまた人生観を変えるほどの出会いなど、通常は簡単にはない(実は、こちらについては、意外に日常であると私は思っているけれど、監督の存在がなければ、前提の違いに気づかずに、終わる可能性のほうが高い。)

しかも、前提が変わったところで、今後のチームの新人に同じようなタイプがいたとして、選手Aのような能力の持ち主なのか?それとも、ただの癖?で直すべきなのか?は、分かりようもない。


しかし、しかし、ぜひ会って、直接指導を受けてみたい監督に会わずして、この流れを作ることができる仕組みがある(かもしれない。)

それが、カルマタロットだ。

監督は、ある人にとっては、前提の違いを疑う必要があったり、、また、ある人にとっては勝負どころだったり、、または、チャンスを作ってくれるために 、、登場する。


次回にこの続きを書きたいと思っている。