mahoutukaikunのブログ

カルマの法則、カルマタロットを日々研究中のみかんです。 何気ないある日だったり、感じたことだったりを、気ままに更新できたらと思っています。 日常の呟きの中で、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

老舗デパート 7

【なぜ、葛藤するのか?(悩むのか?)】

私は葛藤について、葛藤したことがある。

葛藤とは何なのか?何を葛藤しているのか?何のために葛藤しているのか?

特に、問題が起こってない。希望通り。もしくは、問題が起こったとしても、仕方なかったと納得できたりする場合は、葛藤をする必要性がない。
主に、自分にとってネガティブな出来事が起こった時や、大事な場面での選択時に、多い気がする。


例えば、
信じていた彼(彼女)が浮気しているかもしれないと疑いはじめたとする。。
【どう考えても怪しい。あの時もあの時もあの時も、おかしかった。そう言えば、はじめから怪しかった!】
という思考がなぜ始まるのかというと、、
(浮気が事実かどうかは別として)自分にとって、疑がわしい?出来事が重なるからではないだろうか?

そして、自分の中で、浮気しているに違いない!と確信した?次の段階で、
葛藤が始まる。

その葛藤を大雑把に言うと
【許せない!!あんな奴とは終わりにしてやる!】
【このまま、付き合っても将来性はないかも。でも、諦めきれない、、。】
【あんな男(女)と、同じレベルにしないでほしい!】
【でも、、俺(私)と、何が違うんだろう?】
【向こうのほうが俺(私)より好きなのかな?】
【なんか、俺(私)のほうが、向こうよりも好きみたいなのが癪。】
【結婚する相手かもしれないと思ったのに、、、。】
【なんでこんなことになったんだろう、、、。】

のような感じだろうか??


一人で悶々と考える場合も、誰かに相談する場合も、
おそらく
『彼(彼女)が浮気しているかもしれない。』
という前提から入り、『これからどうしよう?』『どう考えたらいいんだろう?』みたいな展開が予想される。


ここで、一旦、この流れを置いておいて、、

もしも、先のblogで書いた、名門サッカーチームの監督が目の前にいれば

まずは、
葛藤するより前の段階の
【パートナーが浮気をしているのではないか?】
という前提に注目するに違いない。

例えば、男女が、
全く同じパターンで出会い、仲良くなり、同じような出来事を体験したとしても、すべての人が、
【パートナーが浮気をしているのでは?】
とは、思わない(だろう)し、その疑惑への強弱?も違うと思う。
(同じ出来事が重なって起こったとしても、全ての人が、パートナーを疑わしい!と思うとは限らないということ)

浮気をしているかもしれない!と思う人には、そのカルマがあったからではないかと考える。
(誰かの理解していない感情(葛藤)を体験するために出来事が起こっている。と考えれば分かりやすいかもしれない。)

けれど、まず、その浮気をしているかもしれない!と考えた?思考に至った?前提?について、(自分自身で)疑うことができれば、、このままいけば起こるであろう葛藤(誰かの理解できていない感情)への理解が深まり、ネガティブな展開を避けられる(小さくできる)可能性もでてくる(かもしれない。)

*思考を疑うとは、浮気してるのかな?と、自分が考えていることについて、『あれ?浮気してると思ったのはなぜだろう?何がきっかけだったかな?そもそも、そう考え始めたということは、、誰かに、俺(私)が浮気していると思われたということかな?誰にそんな感情を発生させてしまったのかな?○○さんかな?○○さんかな?』
と、自分の思考を冷静に観察し、可能であれば擦り合わせまでを行い、、その後、再度、そう思うに至った出来事を振り返り、思考の方向の変化を確認するということ。


つまりは、、(個人的に)葛藤について、葛藤した結果、葛藤が起こっているのは、自分の思考の方向性を前提として、、ということになり、思考の方向性は、出来事からきていて、、ということになり、出来事が起こっているのはカルマ(誰かの理解していない感情を理解する)を体験するため、ということになるので、
その逆から考えると、、
カルマを読めれば、(カルマタロットの中で、発生感情を理解することができれば)未来の出来事が予測できるかもしれない、、と考えている。

予測できたらどうなるか?

葛藤とは、理性と感情。義務と権利。評価、立場(価値)の上下。理想と現実のギャップ。などから起こることから、

自分の本当の理想とする物語に近づくために、問題が起こっているかもしれない。とも考えられ、、

逆に言うと、その問題がなぜ自分にとっては問題なのか?を掘り下げてみると、自分の本当の理想とする形(姿)を、気づかせられるためかもしれないということでもあり、

本当の理想の形(姿)が見えるようになると、思考の方向性も変化し始め(制御できる可能性があり)

出来事も変化していく(と信じたいと思っている。)


もしかして、、
私(俺)は、理想に向かって一直線に進んでいます。という方には今回の話は、関係ないかもしれない。

自分の理想に対して、必死で努力し、挑戦しているのに、どうしても、うまくいかない。問題が起こる。といった場合
『自分の理想』を、疑う必要がある。

自分の理想を疑うとは?自分の思考を疑う。ということにも繋がる。


長くなったけれど、上記のようなことから、カルマが表れるカルマタロットで、本当の理想とする形(姿)になるためには、、、?と、リーディングすることで、
前提を疑えたり、間違った前提に気づけるからこそ、ここぞという勝負どころが解ったり、チャンスを作りだせたりすることができる可能性がある。と紹介させていただいた。


ちなみに、、現在の、思考の方向性(前提)は、過去から蓄積されたものであり、過去から蓄積されたということは、両親の影響が非常に大きいということになる。

そういったことから、カルマを考えるとき(擦り合わせをしてみるとき)まずは、両親の発生感情から考えることが、大前提とも言える。

かなり前に、エメラルドの回で、書いたけれど、両親の現在のページだけを読むことはお勧めしない。
過去にこそ、大事なことが書いてある(はずだ。)

両親の過去のページと、現在の自分のページを擦り合わせしてみると、なぜ、思うように物事が進まないのか?に、気づける可能性がある。。