mahoutukaikunのブログ

カルマの法則、カルマタロットを日々研究中のみかんです。 何気ないある日だったり、感じたことだったりを、気ままに更新できたらと思っています。 日常の呟きの中で、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

変身

少し前に見た、映画の冒頭シーンで
【日本語にはない感情がある。。。】
という主人公の呟きみたいなものがあって、なぜだか心に響いたことがある。

これと少し、文脈はズレるけれど、
Aさんには日常的に当たり前にある感情

B君の中にはない。
というようなことがある。


今日は、上記のAさんと、B君は、夫婦関係にあり、奥さまであるAさんが非常に繊細である。という展開で進めてみたい。


電子辞書によると、、
繊細→感情が細かくて鋭い様子
対義語?は
図太い→大胆でちょっとやそっとではびくともしない様子
とあった。

(私はある意味で、繊細と対極な性格をしている。
それなので、図太いという単語に少々、ムッときたのだけれど、、、説明文が気に入ったので、上記を引用させていただいた。)

例えば、
Aさんと、B君が大イベントを控えていたとする。
Aさんにも、B君にも、不安や恐怖が発生しているはずなのだけれど
Aさんが大イベントに向けて、発生している感情は、、非常に複雑で、発生する感情の数や降り幅も大きく、強度も強いのかもしれない。
一方、B君が、何も感じていないのかというと、そうではなく、ちょっとやそっとではびくともしないという性質から、、表面的には何の影響がないように見える。と考えたら解りやすいかもしれない。

このような一つ一つの出来事の中でも、こうなのだから、ありとあらゆるところで、こんなことが起こっていると想像できる。

Aさんは、強度10の出来事に繊細に反応し、
B君は、強度1000の出来事まで、耐久性がある。

みたいな感じかもしれない。

ここで、魔法を使って、AさんをB君に。B君をAさんの心を入れ換えてみたら?

まず、B君は、Aさんの、細やかな繊細さに毎日、疲れ果てる。
例えば、誰かの手の動きひとつ、言葉尻ひとつに繊細に反応し、これまた、繊細な対応を返す。
誰かのたった一言に、なんとも言えない気持ちになったり、すべての人へ、ヘトヘトになる気遣いをしても、気遣いのレベルが高く、細かすぎるため、誰も気づいてもくれず、挙げ句、不平を言われる始末。
周りの視線や意見も気になり、、自分がどう見えているか?これで正しいのか?と日々葛藤する。
そして、B君は、体験したことのない複雑な発生感情を数多く知ることになる。


Aさんが、B君になった瞬間、体験したことのない体力と精神の限界に突入する。
B君は、耐久性があるため、逃げることも許されない。今まで10で繊細に揺れていた針が、完全に振り切れる。
細かいことなどどうでもよい。ここを突破しなければ次がない。。。
そして、Aさんは、B君の、飄々とした中に隠す戦士の姿を知ることになる。


さて、、気づいていただいただろうか?
Aさんと、B君の心を入れ換えた魔法が、カルマタロットだということに!

Aさんが、正義のカード。
B君が、戦車のカード。
という設定として、それを、お互いに、入れ換えて、
B君が正義の立場を体験したら、上記のリーディングになり、
Aさんが、戦車の立場を体験したら、上記のリーディングになる。

Aさんは奥さまなので、近所付き合いや、家族のことを、心配して一生懸命に考えている様子が目に浮かぶし、B君は旦那さまなので、戦場(仕事場)で、必死で戦って働いている姿が目に浮かぶ。

つまりは、、、魔法で心を入れ換えられたら、、お互いのしんどさや、気遣いを知ることができるかもしれませんよ?ということになり、、
その方法として、
カルマタロットを使ってみた。

ちなみに、以前、サッカチームのコーチが正義のカードだったので、敢えて、同じカードでリーディングしてみたけれど、、次回は、違うカードで、変身を扱ってみたいと思っている。