読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mahoutukaikunのブログ

カルマの法則、カルマタロットを日々研究中のみかんです。 何気ないある日だったり、感じたことだったりを、気ままに更新できたらと思っています。 日常の呟きの中で、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

答えは1つ ②

カルマタロットを行う上での基本中の基本は『前提を明確にしてからリーディングを始めること』になる。

この『前提を明確に』が、どれ程リーディングをする上で重要なのか?について、今回は前回の

自分の置かれている状況不明。
相手の状況も不明。
なぜこんな状況なのかも不明。

という状況の Lさんをリーディングをする立場(リーダー)がいるとして、例を書いてみたい。

Lさんが言う。
『現在のこれはどんな状況なのかを教えてください。』

まず、、第一に、これは?のこれ。は、何を指した、これ。なのかを明確にする必要がある。
例えば、セルフリーディングならば、Lさん自身のこれ。が明確な場合は問題ないけれど、
Lさんのこれ。と、リーダーのこれ。が違っていたら、Lさんの知りたい質問とは、違う質問の答えがカードに出てしまうことになる。

次に、どんな状況なのか?は、誰の立場で?を明確にする必要がある。
Lさんの立場でなのか?それとも、相手の立場でなのか?それとも、二人にとってなのか?
この前提の違いによって、カードのリーディングの仕方もずいぶん変わってくる。

また、例えば、
①『Lさんにとっての現在の状況を教えてください』
と、質問した場合は、
当たり前だけれども、
Lさん自身の、現在の自分の状況がカードとして現れる。
このときの対応カードの使用方法としては、Lさんは自分自身がこんな状況だと思っているかもしれませんが、、、もしかしたら(本カード)の状況かもしれませんよ?と考えたらよいかもしれない。
(Lさんを主人公としたカードが導かれる)

②『彼にとって現在の状況を教えてください。』と質問した場合は彼にとっての現在の状況になるので、対応カードの使用方法として、Lさんは、彼はこんな状況かもしれないと思っているかもしれませんが、、、もしかしたら(本カード)の状況かもしれませんよ?と考えたらよいかもしれない。
(彼を主人公としたカードが導かれる)



上記はLさんの文脈をそのまま扱ってみたので質問自体が曖昧な印象を受ける。

本来であれば
③『相手から連絡が来ない原因を教えてください。』
等の質問のほうが、カードは読みやすいかもしれない。
この場合の対応カードの使用方法については、Lさんは○○が原因だと思っているかもしれませんが、もしかしたら(本カード)が原因かもしれませんよ?と考えたらよいかもしれない。
(Lさんを主人公とした物語の原因のカードが導かれる)

同じようなことを質問しているつもりでも
①②③の質問を比べてみると、導かれるカードは、全く意味合いが違うことを理解いただけただろうか?

私なら、
③の質問から入り(事実確認?)

必要であれば、次のステップである
④『この状況を解決する最善策を教えてください』

などの質問を続けるかもしれない。

(ただし、③の質問だと、対応カードに解決策のヒントが描かれているので、④のプロセスは必要ない可能性もある。)



カルマタロットのリーディングの上達のコツとしては、前提を明確にして、カードが読みやすい質問をすること。。

これだと私は思っている。