mahoutukaikunのブログ

カルマの法則、カルマタロットを日々研究中のみかんです。 何気ないある日だったり、感じたことだったりを、気ままに更新できたらと思っています。 日常の呟きの中で、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

答え 2

前回のお芝居についての続きとなります。

周りが大絶賛している中、私の満足感を十分には埋められなかった理由を、個人的見解から、さらに分析してみました。


まず、このお芝居、なぜ行ってみようかという気になったのかというと、役者さんや、監督や、脚本の「社会的地位が高かったから。」(ブランド力が大きかった)なのですが、

そんな場合は、、やはり周りに自慢したくなるのが人間ではありませんか?笑

しかし、様々な事情から、公演を見に行く。ということをあまり公にしないほうがよかったため、私は、周りにこのお芝居のことは一切伝えてなく、そのため、何かの拍子に話題がでても、その話題に乗っかることができませんでした。

もしも、周りにお芝居の話ができる環境で、
「いいなー!」「私も見たいー!」などのリアクションが返ってきていた場合は、
チケットを必死で予約し、時間の確保のための余分な仕事の労力分は、清算できていたような気がします。


次に、素晴らしいお芝居だったことは周りの反応で分かるのですが、レベルの違いをよくわからない私自身の問題で、あまり心に刺さらなかったのです。

では、どうだったら刺さったのか?
ということなのですが、
これは、私自身が重きを置いているもの(重要度の高いもの。)に対して、そのお芝居で触れていることと、その触れられた内容で気分が上がるようなもの。
ではないかと思っています。


あの日、足を運んでいた方たち全員の、重きを置いているもので、そこをお芝居で触れられたら、その内容で気分があがるようなもの。
というのは、非常に難しい気がします。
しかし、大多数の方のそれを満たしている作品などが、世に言うヒット作。となるのではないでしょうか。



上記を、違うもので例えると
あなたはガラス食器集めが趣味だったとします。
あなたは、今日もお気に入りのお店に、食器を物色しにいきました。
一段高いところに、有名高級ブランドのガラス食器セットが置いてあり、それを手にとって眺めていると、店員さんに「お客様お目が高い。限定商品で当店に入ってきたのは1セットのみとなっております。」
など、話しかけてこられました。
なるほど。さすがに素晴らしいデザインで、惚れ惚れしてしまいます。
しかし、あなたは、少し高額だったこともあり、今回は見送ろうと思っていたところ、
横から「あ!あれ私が欲しかった限定セットよ!入荷してきたのね!○○さんも欲しいけど、手にはいらないとおっしゃってたのよ。あの方が買わないのなら、私、買うわ!」と、奥様二人組がそのガラス食器を見つけ、後ろで話しているのを聞いてしまいました。

そして、あなたの手に取っているものを羨ましそうに見つめています。

さて、、あなたは、このガラス食器を諦めるでしょうか?
買ってしまうでしょうか?



ちなみに、あなたの生活、人生の中で、ガラス食器の重要度が低い場合は、いくら店員さんに高級ブランドの貴重な限定セットだと説明を受けても、うしろの奥様方に羨ましがられても、購入に至らないのではないでしょうか?


逆に、ガラス食器に限らず、あなたが生活や人生の中で、重要度を高く見積もっているものならば、社会的ブランドも、周りの声も、関係なく、買わずにはいられないものなのかもしれません。
また、購入後に、社会的ブランドや、周りからの声が高くなった場合は、さらにさらにそれについて追及してしまいたくなるのかもしれません。



今回のお芝居は、私にとって、個人的価値。の部分で引っ掛からなかったこと。
通常、周りからの価値で補えた部分も、その機会がなかったこと。

これが、なんだか、モヤモヤした感想の結果。
だったのかもしれない。と思っています。