mahoutukaikunのブログ

カルマの法則、カルマタロットを日々研究中のみかんです。 何気ないある日だったり、感じたことだったりを、気ままに更新できたらと思っています。 日常の呟きの中で、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

スパイ大作戦(修正版)

もしもあなたがスパイだとして、読み進めていただいたらと思います。

あなたに与えられた任務は、敵地に乗り込み、時限爆弾の解除をし、捕らえられた人質の救出をすることです。

いよいよ任務遂行の日がきました。


敵地に侵入し、カチカチと針が時間を刻む中、時限爆弾の解除が思うように進みません。
このままでは爆発に巻き込まれて人質もあなたの命も危険です。
それに、今にもあなたの姿を見つけて大勢の敵の足音が迫ってくるのが聞こえて来そうです。

一刻も早くここから抜け出さなくては!!  




ここで、突然ですが、
時限爆弾の解除が思うように進まなかったのはなぜか??

想像してみてほしいのです。


例えば、、、
①自分が苦手なパターンの時限爆弾のタイプだったから?
②想像を超える威力の爆弾を前に恐怖で身体が思うように動かなかったから?
③爆発だけならまだしも、時間制限があったから?
④あまりに複雑な仕組みだったから?
⑤無線が壊れて本部との連絡が途切れ、作業の指示や許可が取れなくなったから?
⑥以前に爆弾解除に失敗したことを思い出し、手の震えが止まらなくなったから?
⑦見たこともない仕組みだったため、解除方法の正解、答えを知らなかったから?

など、、。


ぼんやりとでも想像していただいたら、次は、上記の時限爆弾解除時の思考、行動が

→日常のネガティブイベントに直面したときのあなたの思考、行動だとしたら??
と考えてみてほしいのです。




例えば《スパイの任務》→《日常のネガティブイベントの渦中にいるあなた。それをなんとかしたいと思っているあなた。》として、

時限爆弾の解除が思うように進まなかった理由の

⑦見たこともない仕組みだったため、解除方法の正解、答えを知らなかった

を現実物語に書き換えてみたいと思います。


★下記は
スパイが、その時その時に応じて、目の前の問題解決に取り組むあなた自身であり、
人質とは、あなたが守りたいものであり、
時限爆弾とは、あなたの焦りや、不安であり、
敵の足音とは、あなたのこれから起こる未来への恐れ。
として読んでいただいたら分かりやすいかもしれません。
↓↓

『あなたは会社勤めをしています。
会社では、仕事の能力の高さとポジションから、周りからも一目置かれています。(★スパイ)
そんな中、海外から帰国したある人物があなたの会社に入社してきました。
この人物、育った環境からか?纏う空気感も独特で、考えや行動が読めません。
しかし、あなたはこの人物を変わった奴だと思う程度で特に気にも止めてはいませんでした。
ところがこの人物、あなたのプロジェクトについて予算を出してもらえるかどうかの決議がかかっている重要会議で思いもよらぬ質問をぶつけてきたのです。
これを受けたあなたは珍しく明快な答えを返すことができませんでした。(★時限爆弾)
それは、あなたが万全に用意していたはずの内容には含まれない質問だったからです。
そんな思いもよらぬ展開から、、プロジェクトに対する予算についても一旦据え置きとなってしまいました。
さらに、その会議の後で、あなたは、最も信頼している部下2人が、廊下でその海外から帰国した人物について褒めているのを聞きました。
あなたは、そのとき、なんだかわけのわからない気分の悪さに包まれました(★敵の足音)
あなたのことをよくも知りもしない人物に、今まで築きあげた地位を揺らされるわけにはいきません(★人質)
努力を重ねた時間が今の結果なのですから。
なんとしても、次のプレゼンでは、さすが!だと皆を納得させたいところです』




つまり、時限爆弾の解除が進まなかった理由が
⑦の見たこともない仕組みだったため、解除方法の正解、答えを知らなかったから?

を、現実問題で擦り合わせると、、、

正確な答えを用意できてなかった。
曖昧には返答できない。
経験したことがない範疇。
通常の規定の範囲外。
よりによって運が悪かった。
のような感じかもしれません。




今回の会議では、本来『プロジェクトの予算の決議を取ること。』が目的だったのですが、その背景には、できるならば、実力を周りに改めて認めて欲しかったり、尊敬的なものも欲しかったのではないでしょうか。

欲しいものとは、いわば執着しているモノ(人、事など)になるので、逆に言うとこれを失うということは、危機的状況であることはご理解いただけると思います。

それでいうと、守りたいもの(自分自身のプライド、価値)の損失を恐れるあまり、危機回避として、その状態を最悪回避するために、別の問題を自らが作った(無意識で願った)かもしれないと考えることができます。



上記のプレゼンで言うと、万が一、何の問題もなく、
スムーズにプレゼンが進んだにも関わらず、その内容が周りからの評価もいまいちで、プラスして上層部からもプロジェクトの決議がおりなかったら、、、。
という恐れから、自ら「会議における通常考えられる質問からは、着目点がずれている質問だったので今回は仕方がない。」ことにした。
つまり、
自分の実力、能力がない。と突きつけられる出来事が起こることを拒否した。
可能性があります。


これらから総合すると、、
日々のネガティブイベントが起こる原因は、
執着しているもの、失いたくないものに対して、
(例えば、お金。権利。誇り。尊敬。価値。など)
あなたが最も恐れる未来、事態を避けて、
突然、予測不可能な問題が起こったように認識(意識化)するために、わざわざ自らが、時限爆弾を設置しているかもしれないと言えるのではないでしょうか。


あなたが現在問題を抱えている場合、、
自分自身が
何を守りたいのか?
何に執着しているのか?
どんな未来への不安を無意識に抱えているのか?
考えてみることをおすすめいたします。


それを理解することで、現在起こっている問題の根本が見えてくる可能性があります。


もし、それに気づけたならば、頑張っているのに結果がなかなかでにくいことに対しての、努力の方向性も変わってくるかもしれません。




最後となりますが、通常は嫌な存在である時限爆弾なのですが、

なりたい未来を意識化して、そのための時限爆弾を設置し、解除に取り組むことができれば、原理でいうとネガティブイベントと逆回転になるので、自身を理想に向かって近づけることができるかもしれない『プレゼント』に変身します。